2016年6月

キャンセル在庫はお得です

キャンセル在庫はお得です

(公開: 2016年6月25日 (土))

複合機って導入コストもかかって、毎月のリース代も払ってと高いイメージがありますね。だからと言って、無いと印刷もコピーも出来ません。少しでも安い複合機が欲しいとお嘆きの貴方必見!!ここだけ話、複合機にもキャンセル在庫が存在します。違いメーカーの製品に交換したい、納品ぎりぎりのランクダウン・アップが結構あり、在庫として抱える場合がります。当然、在庫で置いておくだけではもうからないので、特価として販売することがあるのです。販売するタイミングはまちまちですが、運が良ければ最新の機種が割安で手に入ります。まずはご連絡ください。在庫がある場合は直ぐにご連絡し、納品をさせて頂きます!!

実はスマートチャージにはデメリットが

実はスマートチャージにはデメリットが

(公開: 2016年6月25日 (土))

固定費の削減にエプソンのスマートチャージを導入する会社が多くなっていますね。テレビのCMも多く流されており、今後もシェアを伸ばしていきそうです。規定の枚数まで固定費で印刷できるのがメリットですが、エプソン スマートチャージ デメリットがないとは言えないのです。規定の枚数まで印刷すれば元を取れますが、その規定枚数まで達しない企業が思ったよりも多いのです。また、複合機も当然エプソンの物しか選べなく、他社の製品を使うことが出来ません。契約も最短3年となっているので、スマートチャージ以上のプランが出来ても契約満了までは切り替えられないのです。日進月歩でテクノロジーが進化しているので、新たな機器が登場しても導入までに時間が掛かりますね。

カウンター料金の秘密

カウンター料金の秘密

(公開: 2016年6月25日 (土))

オフィス機器はすごい勢いで進化し、インターネットにつながり、スマートフォンから直接印刷もできるようになりました。一時はペーパーレス時代が来るとの噂もありましたが、以前よりも紙を印刷する頻度が高くなったように思えます。タブレットも便利ですが、直ぐにページをめくれ、メモもできる紙はまだまだ使えますね。コピー機のリース契約も徐々に変化していき、今ではカウンター料金が当たり前になりました。カウンター料金とは、印刷毎に必要な金額を支払う仕組みで、コピー機についている、印刷記録から調べます。カウンター料金により月額の固定費が下がり、会社によっては以前よりも安くなっているところもあるそうです。これからもコピー機は活躍しそうなのでカウンター料金から目が離せませんね。